美容外科で大変身~見た目コンプレックス解消し隊~

顔

美容皮膚科で美白

先生

照射後の注意点

紫外線の影響でメラニンが発生してできるしみは、美容皮膚科のフォトフェイシャルやレーザー治療で消すことができます。レーザー治療をするときの注意点は、治療後に患部を紫外線にあてないことです。患部を紫外線にあててしまうと、しみが再発してしまうどころか、以前よりも濃くなってしまう可能性があります。最終的に周りの皮膚の色と同じ色になるには半年くらいかかるので、それまでは紫外線予防クリームをこまめに塗って患部を保護する必要があります。また、しみにもいろいろな種類があり、中には効き目がない治療器もあります。後天性真皮メラノサイトーシスというしみは普通のしみと違って皮膚の深い部分にあるため、光治療器よりもQスイッチレーザーが効きます。

簡単にできる

しみは自分で消すのは大変ですが、美容皮膚科に行けば手頃な料金で簡単に消せます。美容皮膚科のしみ治療には、フラクショナルレーザー、CO2レーザー、Qスイッチレーザー、フォトフェイシャル、ハイドロキノン・トレチノイン療法などがあります。美容皮膚科を受診すれば、医師がしみの種類を見極めて、症状にあった治療器で治療をしてくれます。フラクショナルレーザーやCO2レーザーなどのレーザー系は、一回の照射でしみを消せます。フォトフェイシャルは数回通院する必要がありますが、しみだけではなく顔全体のそばかすやニキビ跡を消したり、コラーゲンを刺激してハリと潤いをアップさせる効果もあります。ハイドロキノン・トレチノインは外用薬で、市販の美白クリームよりも効き目があります。